そみみんのパルプンテブログ

初代おはガールが語るテレビの裏側

今日から実践!ナンパテクニック

ナンパ師、もといピックアップアーティスト(以下pap)を目指す同胞へ。

 

ナンパは確かに世間的には歓迎されない行為だ。

貞操もへったくりもなく、性欲の赴くままに嘘と欺瞞を武器に女を貪る。

 

しかし少子高齢化や最新技術の発達により人間同士がより窮屈でいきづらくなっている今、バカなくらい愚かな行為に自ら走ってみるのも、案外悪くないことではないだろうか。

 

建前上はいい子を演じている人間なんていくらでもいるだろうし、いくらおべんちゃらばかり吐く上司が嫌いなあなたも、自分だって散々バカにしているそのおべんちゃらの虜なんだろう。

 

では、いい子を演じ続けることしか脳がない万年胡麻擂り課長止まり人間になりたいか?

 

我々は今こそ欲望の赴くままに行動する力を身につけるべきだ。

そして驚くべきことに、欲望を満たすとこによって、苦痛と思っていた日常で接触する数々の社交辞令も、だんだんくだらない作業ゲームの一環として客観的に楽しむことさえできるようになってくる。

ナンパは、社交辞令にまみれてハリを失った毎日にメリハリを与えるにはちょうどいい活動だと、小さく提案させてもらう次第である。

 

 

1、心構え

世の中にはつまらない毎日に刺激を求めるもどうすれば非日常を味わえるのか忘れてしまっている弾けたいマジメ人間がうようよいる。

偏差値が皆無の人生を送ってきてフリーターをし続ける人の中にもいるし、普通に就職してもそういう鬱屈した思いを持った人はいっぱいいる。

そういう彼らの鬱屈した思いをpapとして昇華させてあげるのが自らの使命だと深く胸に刻もう。

もちろん真っ当な動機でないし頭が錯乱していると常識的には思われるだろう。

だが意外にも世の中は氷山の見えない部分で蠢いている暗闇が広く深い。

その石ころをひっぺがせば、中から陽の光にびっくりするダンゴムシがうじゃうじゃしてる。

石をひっぺがすのが我々papなのだ。

仮初めの光を見せる。

 

2、必要なこと

 

外見、印象は絶対である。

あなたが理想とする相手を想定して、こちらもキャラをしっかり立てよう。

お水系の女性を落としたいなら確実にホスト系ファッションがいい。

真面目系の人を落としたいならしっかりスーツで決めて。

また、関西弁の方がノリの良さを相手に伝えられるので関東育ちにも関わらずマスターして使う人も多い。

大切なのは幻でもいいからその瞬間に全力の誠意と笑顔を見せること。

それができないなら一人で部屋に閉じこもってVRでおなってる方が絶対コスパは良いはずだ。

 

幻を作るのに全力をかけることをバカにするか、のめり込んで見るか、あなたの自由である。

ただ僕個人としては、短い人生で、そもそも幻のような存在の僕らが、幻に全力をかけることはちっとも馬鹿げていないと思ってしまう。

 

 

3、いざ、実践

とは言っても自分のプライドや「まともな人間」の殻が邪魔をしてなかなか一歩を踏み出せないだろう。

 

そこでまず必要になるのが自分への自信であろう。

ここでいう自信とは、プライドとは違う。

プライドは、自分の最高ラインである。

こういう自分に見られたい、という自己承認欲が暴走して高望みした虚しい架空の最高ラインである。

そして自信はプライドとは無関係である。

自信とは自分のボトムラインである。

最低の自分を、それでも誇らしく思えるかどうか。

誇らしく思えて初めて、自信と言える。

自分の最低のラインを知っている人は、他人に対しても自然と謙虚な気持ちで接している。

しかし自分のボトムラインを愛するためには、思い切り失敗するという経験が必要になってくる。

最悪の失敗の後、死にたいような気持ちになって、その後で思い切り笑う、そこで初めて、自信とは湧いてくるのだ。

 

しかし、社会人ともなれば、思い切り失敗するという経験はなかなかできないだろう。

 

そこで我々papという団体では、自身の失敗体験を大声で叫び、それを参加者全員で罵り合い、その後全員で大笑いする、というセミナーを通して、本物の自信を身につけていただくというサービスを実施している。

 

一回120000円と、自分を変えるにあたってはかなりお手頃な値段となっている。

 

自分を変えたい。自信を持ちたい。そんな人は、是非とも以下のメールアドレスに申し込んで見て欲しい。

 

この自分解放セミナーの後に、本格的なナンパ指導へと移っていく。

こちらも合わせて申し込んでいただいた場合、本来ナンパセミナーは160000円となっているが、合わせて240000円と、大変お得となっている。

 

是非ともご検討いただきたい。

 

宛先 pap.changeyourlife@co.jp

 

 

 

以上、悪徳商法でした。