そみみんのパルプンテブログ

初代おはガールが語るテレビの裏側

変化球な育て方をしてくれた父に感謝 えっちな風俗嬢に顔射

今の2秒の間に僕の考えついたゲームを発表していきますね。

 

1.抜かず嫌い選手権
2.視差太鼓の達人
3.生き方間違い探し
4.精神的痛恨の一撃
5.キモヲタごっこ
6.YouTuberごっこ
7.YouTubeコメント欄ギャグ
8.Amazonレビューギャグ
9.頭Twitter

10.頭Facebook

11.有名人名言捏造ゲーム

 

1.

2人がスタンダードだが3人以上でも可。

お互いの性癖のうち本当に好きなもの3つ、嫌いなものを1つだけ入れて提示し合う。

(例、本番前のインタビュー、複数モノ、ふたなり、逆レイプ)

そしてすべて大好きのテイで熱弁し合う。

お互いどれが本当は嫌いなのか当てる。

 

これ、かなり盛り上がる。

 

抜かず嫌いに限らず、好きな女優、とか好きなドラマ、とかでもいけるし汎用性高し。

 

 

 

2.

電車などで、窓の前に立った時にプレイ可。手前の電車内の鉄の棒や窓枠などと、奥の流れる車窓を、イヤホンから流れる音楽のリズムに合わせながらピントを変えて交互に見る。地味そうで意外と楽しい。

あとこれで視力が両目CからAに回復した。

 

 

3.4.言わずもがな ギャグセンを磨くため。

 

5.6.7.8自分の中でのキャラを育てると言う遊び。あるあるネタを溜め込むための手段としての遊び。生産性はない、凄惨性はある(爆)

 


10.

フェイスブック特有の、意識高いことを長文で書いても罪悪感生まれない的雰囲気に便乗して文章を書いてみる遊び。

 

一例

・様々なタイプの苦痛を敢えて浴びに行っていた節がある。自分はなぜこうも辛い方へと人生を向かわせがちなのだろうと悲嘆に明け暮れる時もあった。しかし実際は自らの脳みそが成長のために進んで課していたいたのかもしれない。


・殺意は生まれた時処理しとかないと日陰でもボーボーになるから注意。喋んなブス。よし。回復。
意志力のない人間が、自分を変えるより先に周囲の世界を自分の都合に合わせて捻じ曲げ始める。
潜在能力的に大差なくても、知能の低い人間の集団が低知能であり続ける理由がここにある。
本来であればそれを矯正させられるほど示唆にあふれた脈の通った生き方がしたいけど全然うまくいかない。
そういう捻じ曲げに巻き込まれそうになる。
絶対に自分の自信は根源的には過去の自分との比較でしか生まれて来ない
自分より低い人間、と思って他人を見下すことは自信を維持できる可能性もあるが少し間違えただけでマイナスに転じる危険な思考法
そういう示唆にあふれた人間になりたい?
そう思ってる時点でそうはなれない
他人を自分のアイデンティティの一部に取り込んでしまっているからこんなことになるんだ。
社会の構造的に仕方ないけどでも
今成長のチャンスなのだから、やれるだけやろう。
考えつくのは
他者の捻じ曲げ行動を発見し次第、まず原因を分析して生い立ちから今の人格形成に至るプロセスを考えて今の発言、今の態度の理由を端的に理解し
そしてもうほんとこれだけ。
その人と喋る。その直後でも、どんなに遅くてもこの日中に。
自分1人で結論を下すこと程不合理な行動はない。
その相手の人生なのだから相手によりちかいところで
観察しないと
必然的にそういう相手には属性のない人間としてぶつかることとなる(そうでなければ普通に嫌われるw)
そういうのが社会性なんだと思ってる
ってここまでつらつら書いて気づく、これ全員当たり前にやってんじゃん
何偉そうに改まって書いてんねんおれ

やっぱりみんな踠いていきてるんだから、リスペクト持って行こう。そう言う当たり前に気づいたとさ。

 

 

長々書いて、途中幾度となく自問自答してて、結局最後は「当たり前のことが一番大切だと気づく」

 

これがフェイスブック在住意識他界系のコンテクスト

 

 

11.有名人名言捏造ゲーム


全ての物事に因果はある
それが大多数にとって共通なら常識と呼ばれている
全ての物事に因果はある
嘘にも因果は作れる
だから全ての物事に因果はある
本当は全ての物事に因果はないかもしれないけど
やっぱり全ての物事に因果はある
そう思ってた方が生きるのが楽だから
多分全ての物事に因果はある

 

by金田一秀穂

 

秀穂〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!どうした〜〜〜〜?