そみみんのパルプンテブログ

初代おはガールが語るテレビの裏側

箱にじゃない。人に募金するんだ。エー↑シー↑

他人の主体性の無さに必死に言及する私、一番とらわれ過ぎのおばかさん!

でも、同列にはないことはもう確か。

そして自分の精神的成長を理解した人間がすべきことは、わかっていることは沈黙するということ、相手を最大限に尊重するということ、たとえ相手が分からず屋のブーさんでも。

だから沈黙する。特にブーさんたちの前では目を半開きにして、ノーストレスで適当に生きて、好きな人といるときに目をかっぴろげて楽しんでいこう。

周囲を好きなものだけで構成していこう。それができる段階にきた。考えてみれば、そのために、ずっと、ここ最近、嫌いなものを声高らかに宣言して、自分の本当の心を確かめてきたんだ。

その過程で、言い過ぎたり、ちょっと後悔しそうにもなったけど、結局自分の気持ちに嘘をついていないという点で最後はすっきりした気持ちになれた。この経験からよく学ぶことができた。

たかがヨツヤ学院55段階目での友情である、社会の部品にしかなれない人間なのに部品としても欠陥があるような人間も多い中、なんの辻褄を合わせる必要があろうか。

嫌いなものは嫌い。めんどくさいものはめんどくさい。必要なことは必要だからやる。それだけだ。

 

去年の錯乱を思い出せばずっと中身の濃い、充実した一年となった。去年のこの時期は将来飲み会での一芸のために潮吹きを練習していたくらいには狂っていたので。

 

余裕があることすらポーズのうちで行なっている一生操り人形

自らの主体性に悩み人間になろうと努力するも余裕がない人間

自らの主体性と向き合いそれを楽しむ人間

 

最近無理して真ん中の人と付き合ってたから疲れたんだ

一番下か一番上の人とつきあおう。

そして自分もまだ真ん中の要素があるので、もっと示唆に富んだ人間になるべく、沈黙を学ぼう。

 

あと、アダムタッチを習得しよう。