そみみんのパルプンテブログ

初代おはガールが語るテレビの裏側

​ あらいぐまパスカル

えー、愛のわざは平和のわざ、なんて言いますけれども。

 

危険なのでこの端末からツイートしない事。
22時には眠りに落ちている事。
 
アラサーというより阿羅漢
 
 
postmodernismの凋落
アンソニーギデンスなら再帰的近代と呼ぶだろう←こういうの。
近代とは常に自らのシステムを問い続けるマッチポンプ的役割
 
社会構築主義、社会構成主義constructionism(ラベリング理論の系脈をひく社会学とはズレている。もうちょい広義に
 
例示、ジェンダーセクシュアリティ研究。性差が社会的に構成された←ボーヴォワール以来、近年もはやsexがgenderに他ならない(ジュディスバトラー
 
フーコーの言説分析や物語論とあいまって、文学哲学歴史学社会学などでnationalismや国民国家脱構築を繰り返すことは豊穣な成果、そしていくつかの隘路
 
nationalistすら構成主義的な見解を領有し、全てが物語ならより良い物語を作ろうと
 
だからすべきは国民国家の幻想性の指摘ではなく、幻想でありつつ執拗に回帰するnationalismのあり方の新たな語彙を模索
 
 
80年代はニューアカデミズム、浅田彰中沢新一ら思想家のスターの活躍でpostmodernが入るも
90年社会構成主義へ政治性を帯び、左旋回、ダウナー系、楽しくない、マチズモ、排他的異性愛主義、nationalism否定
 
しかし政治性のインフレである。リチャードローティ文化左翼批判とも共通。アナクロニズムというわけではないが、新たな政治的なものの定義必須。
 
政治学はどうなってる?国家という言葉プレゼンス増。佐藤優国家の罠、国家論、萱野国家とはなにか、藤原正彦国家の品格、しかし対応できてない。近代国家成立以来の転換期である。
 
アーネストゲルナー「産業社会がnationalismの産みの親」
しかし、経済のグローバル化によりnationalism国民の統合厳しくなっている。
クリントン政権労働長官ロバートBライシュの例。フォーディズムケインズ主義により妥協による国民統合可だった(Proletariatもbourgeoisieも協調するメリットがあるという下部構造あり)
しかしグローバル化により破綻、われわれは別々の船に乗っている。日本国民とかいう言葉が空っぽである。
terrorismに対するsecurityくらいしか共通利益無し
 
方法としてのアジア倣い方法としてのnationalism
アンダーソン、想像の共同体、、出版資本主義からnationalism形成へ
エリックホブズボーム、作られた伝統
ゲルナー、民族とnationalism、、農耕社会から産業社会の変遷の過程でnationalism形成へ
 
しかしnationalistはもっと原初的と考えていてズレが。
 
読み解く。方法としてのnationalism
 
アンダーソンの議論の過程で、「国民は主権的なものとして想像される」
これが既にフランス革命の経脈
正統性legitimacyの変容、国民国家の誕生
その際王朝、王権の側はlegitimacyを奪われたため王朝=nationと偽装、公定nationalism
ここでベクトルが入れ替わり、下からではなく上からのnationalismへ。国家は国民のもの、から、国民は国家のもの、へ
パトリや血をnationの重要要素へ
原初性の偽装
ここにおいてのみ解体すべき。
また、政治的には有効な方法であることも留意すべき。
 
バブル崩壊以降国家=フィクション論が思想家の主流、社会構成主義の一つの形、しかしこれは愚か
 
そもそもフーコー研究したら、全然社会構成主義じゃない。知の考古学には真逆のこと。しかし「言説により社会的現象は構成されている」という見方が安易にフーコー由来のものにされてる。
ジュディスバトラーのフーコー理解はショボい。
国民や国家のfiktivな偽装はそれはそれで問題だ
国民は置いといて国家とは何か?
今合法の暴力を独占してる。マックスウェーバーの定義に等しい
国家に認定されれば暴力可能
即ち国家とは暴力への権利の源泉
ある暴力を抑え込むには上回る暴力を。
それにより合法な暴力と違法な暴力の区別を確立する、国家の存在を成り立たせていく
人々の権利の境界を引く
この状態も近代主権国家誕生以来の4〜500年、それ以前はヨーロッパ中世のフェーデや日本の戦国時代の農村など、どこかに合法的な暴力が独占されているのではなく、あらゆるagent
暴力regime変化、国家へ一元化、暴力が付随的なものに見えてくる、不可視化する
 
主権がキーワード
ルソー社会契約論が思い出される。奇怪。
ホッブズは明快なのに。
主権者は王で、混沌とした自然状態から秩序を生み出すため人々は王に権利を譲る。
対してルソーは主権者は具体的な人物ではなく、一般意志を作る集団。
一般意志と個人の意思が食い違うことはない。となると人民が主権をコントロールするのはわかりやすいが思想史的には基礎付けむずい。
 
白井
ゲルナー、民族とnationalism、官僚組織はmarginalな存在main、
しかしnation stateな時代になると、誰もが試験を受け官僚や政治家になれる。そんな危険な事がなぜ可能か?むしろ望ましいとさえ?
我々は皆哀れなほど去勢されているから。
実際社会契約論では、「人間性を作り変える」という言葉が。
政治学的思考の中心の一部に今でも位置。
ジョンロールズ「無知のヴェール」をかぶる=去勢されなさいということ、
 
スタロバンスキー「ルソー 透明と障害」
ルソーは近代人の社会に対し、未開社会を「高貴なる野蛮人」と言った
原初的共同体では内的な怒りや悲しみを直接表情に出す人々の透明な関係を結んでいたが、近代は表層と内面にヴェールという障害がかぶさっている。それを崩して透明な共同体をつくれば生き生きした生を営める。
 
橋川文三、日本の右翼nationalismの観点では一般意志は成立し得ない
右翼は超越者天皇の下で万人は平等、主権は天皇、つまり主権者としての人民は存在不可
三島由紀夫、葦津珍彦は、日本の一般意志とは天皇の大御心、国民主権と君権は一致するという見方
 
一般意思と個人意思の違いは一般意志を僭称する国家の意思と個人意思の違い
ルソーは中間団体を認めない。一般意思の成立が阻害されるから。しかし人民が国家をコントロールするという発想は見出せない。
ホッブズは自然に帰るか主権者王に従うかしかなく、この論理でも、暴力独占者である主権者のコントロール法が見えない。
 
主権と戦争は完全な相関関係
カールシュミットが近代の国家体制を評価するのも、こうした暴力の限定という点において
 
萱野稔人=国家を暴力の独占装置
しかしいま話題なのはちょい違う
nationalismには、一般意思の体現者who?って問題が。公定と草の根nationalismを行ったり来たり。だから国民が一般意思の体現者の位置を奪えるようnationalismを方法として使うことがあり得る。
しかし国家が暴力の独占装置ならそとそも一般意思の在り処関係なくなる。それでいいんかい?
 
マルクス主義的な国家=暴力装置論には一定の批判こめてます。
暴力に関してはそうやろ(震え)
まあとりま、最終決定する意思のあり方を開かれたものにするためにnationalismが有効というのは共通の見解でおけ?
 
つまり暴力は社会秩序の最終審級、その位置は一般意思が占めるべき。国家が暴力の正統な主体。そこでnationalism有効に。
 
最終決定なされる時の意思の方法論に関わってくる。
 
え?方法論とかなくね?ルソーの人民は一旦社会契約交わしたら、あとはバラバラに住み、やりたいことやりゃいい。するといつの間にか一般意思が立ち上がる。的な
 
ただやはりそこで主権の不可分性が前提となっている。
 
北田